旦那の不倫に復讐

不倫している旦那や相手が嫌がる復讐方法を元探偵の管理人が教えます

セックスレス離婚

 

※当サイト「不倫している旦那や相手が嫌がる復讐方法を元探偵事務所勤務の管理人が教えます。」 は東京都内の探偵事務所で働いていた管理人が運営しています。

 

旦那さんの不倫が発覚したときに、ショックと同時に旦那さんやその不倫相手に復讐をしたいという感情に多くの場合なります。当事者が嫌がる復讐方法をお伝えします。

 

旦那さんが嫌がること

実家に連絡される
会社に不倫がバレる
小遣いが減る
行動に著しい制約が出来る
高額慰謝料
離婚
子どもと会えなくなる

 

不倫相手が嫌がること

家族にバレる
近所の噂になる
会社にバレる
慰謝料や裁判沙汰

 

 

不倫という大きな罪を犯したのですから制裁は当然なのですが、不倫をするような人間はいざとなると開き直る可能性が非常に高いです。旦那さんも不倫相手どちらにも言えます。

 

私は何度も不倫の証拠を突き付ける現場に立ち会ったことがあるのですが、不倫を認めてしまえばこのように復讐される可能性があることを分かっていますので、証拠を見せるまでは何が何でも不倫を認めないという人も多かったです。証拠を突き付ける前に観念する例というのは少ないです。

 

このことからも分かる通り、旦那さんに不倫された復讐を果たすには確実な証拠が必要だということです。

 

証拠の重要性について

浮気や不倫に対し復讐する場合、どのような復讐をするにしても確実な証拠は必須です。裁判はしない方針だとしても証拠は必要です。

 

なぜならば、確実な証拠がなければ開き直られてしまう可能性が高いですし、確実な証拠があれば裁判をしても負けることが相手も分かるので、それはあなたにとっても都合が良いことだと思います。

 

そして良くないのは、証拠不十分のまま逃がしてしまうと以降はガードが相当固くなるので復讐計画が破たんしてしまうことです。

 

では、具体的に何が「確実な証拠」になるのでしょうか?

 

結論から言えば写真や映像です。しかも、確実に性行為が行われていたと断言できるようなレベルの証拠です。「メールやLINE」、「デートしている写真」などでは、裁判で有効な証拠としてはやや弱いですし、開き直られる可能性もあります。

 

「確実に性行為があった」、「不貞行為があった」と断言できる写真となると、「ラブホテルに入っている写真」や「実際の行為中の写真」となります。

 

ちなみに裁判では「相手のマンションに出入りする写真」などは複数回のものがないと証拠としては弱いです。相手のマンションに行くことは不貞行為だけとは限らないからです。

 

有力な証拠

ラブホテルに入る写真
相手のマンションに入る写真(複数回)
性行為中の写真

 

これだけの証拠を集めるのは、なかなかハードルが高いですよね?ですので探偵事務所に依頼する人が多いのです。自分で証拠集めしようとすると間違いなく失敗します。

 

また、相手に見つかってしまうと警戒心から証拠獲得が非常に難しくなります。

 

多くの方が探偵事務所に連絡するのはハードルが高く感じている

高い壁

経験上言えることですが、多くの方が探偵事務所に連絡するまでに様々な葛藤があるということです。

 

罪悪感や真実に目を向けるのが怖かったり、探偵事務所は得体が知れないので一歩踏み出せないといった感じです。

 

それは当たり前のことでして、ごく普通の生活をしていれば探偵事務所と関わることなどありません。ドラマの中だけの世界だと感じている方も多いですし、そこまで行動を起こすのはやりすぎなんじゃないか?と躊躇したりなんか怪しい業界だと感じていたり、不明瞭に高額な料金を取られそうなどという心配もあると思います。

 

そう思われるのも無理はないと思います。事実過去には、トラブルを多発するような事業所などもありました。しかし、そうした中で探偵業を経営するには現在では警察の許可が必要になっています。

 

私の探偵事務所経験から言えば、一般の方が探偵事務所の見積を複数取って比較することはやめた方が良いです。

 

一般の方が探偵事務所を闇雲に比較することはリスクが高い

高い壁

一般の方が探偵事務所を闇雲に比較することはリスクが高いです。それは、悪徳業者いるからです。

 

悪徳業者を見分けることは素人には出来ないと思った方がいいです。特に旦那さんの不倫で落ち着いた状態でないときに冷静に比較や見分けたりをすることは難しいと思います。

 

悪徳業者はそういった感情を分かっていますので高額な契約をしてきたり、駆け引きも上手いです。小さい事務所では、代表自ら営業してくることも珍しくありません。その場合、売上に一番敏感な代表があの手この手で営業していきます。悪徳でなかったとしても、単に料金比較だけのつもりがそれなりにプレッシャーを感じることになるでしょう。

 

また、悪徳業者の場合、料金を不明瞭のまま契約させようとしてきたりしますので、そのあたりも予備知識がないと後悔します。

 

こういった理由から一般の方は、メディアにも度々登場していて、元警察署長の警察OBが顧問についている大手の原一探偵事務所にしておくことをオススメします。

 

まず何よりも安心感があります。そして料金が高いと思われがちですが、むしろ最安値とも言えるくらいコスパは良いと思います。探偵業の場合、支社があったり規模が大きい方が尾行のローテーションの組み方やターゲットが移動した際の連携などがやり易く経費が抑えられるのです。

 

また、規模が大きいがゆえに最新式の撮影機材などを準備出来るので、シャッターチャンスを逃しません。早く証拠が取れるので人員の稼働も少なく費用が安く収まるという理屈です。

 

原一探偵事務所は、見積も明瞭ですのでそれ以上のお金はかからないのも安心です。

 

原一探偵事務所の公式サイトはコチラ

 

5635

 

 

原一探偵事務所は正式に依頼をされるまでは料金は一切無料です。

 

契約が前提というわけではありませんのでご安心ください。強引な営業は一切ありませんし、正式な契約までは匿名でも大丈夫です。

 

 

問合せや相談を迷われている方へ

多くの方が旦那さんの不倫に女の勘も含めて確実であろうと思いながら、具体的なアクションを起こすことが遅くなります。これは、人生で何度も経験することではありませんので当然のことです。

 

また、不倫をしている旦那さんに対して復讐心が出て来たものの、誰も相談出来ないという方も多いです。探偵事務所で働いていた際にあったのが、知人に相談した場合、『夫に不倫をされているみじめな女』と嘲笑されたり陰で噂されたりするのが嫌だという声もありました。

 

そんな方こそ探偵事務所に相談するだけで霧が晴れたようにスッキリとします。また、アクションを先延ばしにして良いことは一つもありません。

 

証拠をつかむチャンスを逃すかもしれません
証拠をつかむ前に逆に離婚を切り出されるかもしれません
有利な条件で離婚できないかもしれません
ストレスを抱え体調不良になるかもしれません

 

こうしたことが起こると不倫の復讐どころではなくなってしまいます。秘密厳守ですし相談は無料ですので、まずは探偵事務所が意外と親身になって話を聞いてくれる所だと知ってもらえたら、探偵冥利につきます。

 

原一探偵事務所の公式サイトはコチラ

 

5635

 

 

旦那さんの不倫への復讐の踏ん切りがつかない場合

私の探偵経験上、旦那さんの不倫へ復讐心を燃やして行動するぞ!と決めたにも関わらず、なぜだか踏ん切りがつかないケースという方もいました。

 

社会的制裁を味あわせたいということで証拠を集めて徹底的に裁判でやり込んで旦那さんと不倫相手から慰謝料を取るというつもりで相談に来たのにどこか踏ん切りがつかないのです。

 

こうしたケースは、深く話を聞き気持ちを整理させて頂くと、心の奥底では旦那さんに何かしらの未練が強く残っている状態だというケースがあります。

 

お話を深く聞かせて頂く中で、実は心の奥底では信用していたのに裏切られた悲しみが原因となって異常な復讐心が表面化しているかのような、ある意味純粋な気持ちから来るもののようだと理解出来るようになりました。

 

もちろん人それぞれ事情は異なると思いますが、アナタはどうでしょうか?

 

もしこのケースの場合には、コチラのページをご覧ください。

 

そうでない場合には、今すぐ復讐のために証拠集めをすることを本気でオススメします。

 

原一探偵事務所の公式サイトはコチラ

 

5635

更新履歴