旦那の不倫に復讐

不倫している旦那や相手が嫌がる復讐方法を元探偵の管理人が教えます

セックスレス離婚

 

※当サイト「不倫している旦那や相手が嫌がる復讐方法を元探偵事務所勤務の管理人が教えます。」 は東京都内の探偵事務所で働いていた管理人が運営しています。

 

旦那さんの不倫が発覚したときに、ショックと同時に旦那さんやその不倫相手に復讐をしたいという感情に多くの場合なります。当事者が嫌がる復讐方法をお伝えします。

 

旦那さんが嫌がること

実家に連絡される
会社に不倫がバレる
小遣いが減る
行動に著しい制約が出来る
高額慰謝料
離婚
子どもと会えなくなる

 

不倫相手が嫌がること

家族にバレる
近所の噂になる
会社にバレる
慰謝料や裁判沙汰

 

 

不倫という大きな罪を犯したのですから制裁は当然なのですが、不倫をするような人間はいざとなると開き直る可能性が非常に高いです。旦那さんも不倫相手どちらにも言えます。

 

私は何度も不倫の証拠を突き付ける現場に立ち会ったことがあるのですが、不倫を認めてしまえばこのように復讐される可能性があることを分かっていますので、証拠を見せるまでは何が何でも不倫を認めないという人も多かったです。証拠を突き付ける前に観念する例というのは少ないです。

 

このことからも分かる通り、旦那さんに不倫された復讐を果たすには確実な証拠が必要だということです。

 

証拠の重要性について

浮気や不倫に対し復讐する場合、どのような復讐をするにしても確実な証拠は必須です。裁判はしない方針だとしても証拠は必要です。

 

なぜならば、確実な証拠がなければ開き直られてしまう可能性が高いですし、確実な証拠があれば裁判をしても負けることが相手も分かるので、それはあなたにとっても都合が良いことだと思います。

 

そして良くないのは、証拠不十分のまま逃がしてしまうと以降はガードが相当固くなるので復讐計画が破たんしてしまうことです。

 

では、具体的に何が「確実な証拠」になるのでしょうか?

 

結論から言えば写真や映像です。しかも、確実に性行為が行われていたと断言できるようなレベルの証拠です。「メールやLINE」、「デートしている写真」などでは、裁判で有効な証拠としてはやや弱いですし、開き直られる可能性もあります。

 

「確実に性行為があった」、「不貞行為があった」と断言できる写真となると、「ラブホテルに入っている写真」や「実際の行為中の写真」となります。

 

ちなみに裁判では「相手のマンションに出入りする写真」などは複数回のものがないと証拠としては弱いです。相手のマンションに行くことは不貞行為だけとは限らないからです。

 

有力な証拠

ラブホテルに入る写真
相手のマンションに入る写真(複数回)
性行為中の写真

 

これだけの証拠を集めるのは、なかなかハードルが高いですよね?ですので探偵事務所に依頼する人が多いのです。自分で証拠集めしようとすると間違いなく失敗します。

 

また、相手に見つかってしまうと警戒心から証拠獲得が非常に難しくなります。

 

多くの方が探偵事務所に連絡するのはハードルが高く感じている

高い壁

経験上言えることですが、多くの方が探偵事務所に連絡するまでに様々な葛藤があるということです。

 

罪悪感や真実に目を向けるのが怖かったり、探偵事務所は得体が知れないので一歩踏み出せないといった感じです。

 

それは当たり前のことでして、ごく普通の生活をしていれば探偵事務所と関わることなどありません。ドラマの中だけの世界だと感じている方も多いですし、そこまで行動を起こすのはやりすぎなんじゃないか?と躊躇したりなんか怪しい業界だと感じていたり、不明瞭に高額な料金を取られそうなどという心配もあると思います。

 

そう思われるのも無理はないと思います。事実過去には、トラブルを多発するような事業所などもありました。しかし、そうした中で探偵業を経営するには現在では警察の許可が必要になっています。

 

私の探偵事務所経験から言えば、一般の方が探偵事務所の見積を複数取って比較することはやめた方が良いです。

 

一般の方が探偵事務所を闇雲に比較することはリスクが高い

高い壁

一般の方が探偵事務所を闇雲に比較することはリスクが高いです。それは、悪徳業者いるからです。

 

悪徳業者を見分けることは素人には出来ないと思った方がいいです。特に旦那さんの不倫で落ち着いた状態でないときに冷静に比較や見分けたりをすることは難しいと思います。

 

悪徳業者はそういった感情を分かっていますので高額な契約をしてきたり、駆け引きも上手いです。小さい事務所では、代表自ら営業してくることも珍しくありません。その場合、売上に一番敏感な代表があの手この手で営業していきます。悪徳でなかったとしても、単に料金比較だけのつもりがそれなりにプレッシャーを感じることになるでしょう。

 

また、悪徳業者の場合、料金を不明瞭のまま契約させようとしてきたりしますので、そのあたりも予備知識がないと後悔します。

 

こういった理由から一般の方は、メディアにも度々登場していて、元警察署長の警察OBが顧問についている大手の原一探偵事務所にしておくことをオススメします。

 

まず何よりも安心感があります。そして料金が高いと思われがちですが、むしろ最安値とも言えるくらいコスパは良いと思います。探偵業の場合、支社があったり規模が大きい方が尾行のローテーションの組み方やターゲットが移動した際の連携などがやり易く経費が抑えられるのです。

 

また、規模が大きいがゆえに最新式の撮影機材などを準備出来るので、シャッターチャンスを逃しません。早く証拠が取れるので人員の稼働も少なく費用が安く収まるという理屈です。

 

原一探偵事務所は、見積も明瞭ですのでそれ以上のお金はかからないのも安心です。

 

原一探偵事務所の公式サイトはコチラ

 

5635

 

 

原一探偵事務所は正式に依頼をされるまでは料金は一切無料です。

 

契約が前提というわけではありませんのでご安心ください。強引な営業は一切ありませんし、正式な契約までは匿名でも大丈夫です。

 

 

問合せや相談を迷われている方へ

多くの方が旦那さんの不倫に女の勘も含めて確実であろうと思いながら、具体的なアクションを起こすことが遅くなります。これは、人生で何度も経験することではありませんので当然のことです。

 

また、不倫をしている旦那さんに対して復讐心が出て来たものの、誰も相談出来ないという方も多いです。探偵事務所で働いていた際にあったのが、知人に相談した場合、『夫に不倫をされているみじめな女』と嘲笑されたり陰で噂されたりするのが嫌だという声もありました。

 

そんな方こそ探偵事務所に相談するだけで霧が晴れたようにスッキリとします。また、アクションを先延ばしにして良いことは一つもありません。

 

証拠をつかむチャンスを逃すかもしれません
証拠をつかむ前に逆に離婚を切り出されるかもしれません
有利な条件で離婚できないかもしれません
ストレスを抱え体調不良になるかもしれません

 

こうしたことが起こると不倫の復讐どころではなくなってしまいます。秘密厳守ですし相談は無料ですので、まずは探偵事務所が意外と親身になって話を聞いてくれる所だと知ってもらえたら、探偵冥利につきます。

 

原一探偵事務所の公式サイトはコチラ

 

5635

 

 

不倫の復讐実行への踏ん切りがつかない場合

私の探偵経験上、旦那さんの不倫へ復讐心を燃やして行動するぞ!と決めたにも関わらず、なぜだか踏ん切りがつかない方も一定数いました。

 

社会的制裁を味あわせたいということで証拠を集めて徹底的に裁判でやり込んで旦那さんと不倫相手から慰謝料を取るというつもりで相談に来たのにどこか踏ん切りがつかないのです。

 

こうしたケースは、深く話を聞き気持ちを整理させて頂くと、心の奥底では旦那さんに何かしらの未練が強く残っている状態だというケースがあります。

 

お話を深く聞かせて頂く中で、実は心の奥底では信用していたのに裏切られた悲しみが原因となって異常な復讐心が表面化しているかのような、ある意味純粋な気持ちから来るもののようだと理解出来るようになりました。

 

もちろん人それぞれ事情は異なると思いますが、アナタはどうでしょうか?

 

もしこのケースの場合には、下記ページをご覧ください。

 

⇒ 不倫を許せないのに別れられないときの心理状態を元探偵が解説

 

そうでない場合には、今すぐ復讐のために証拠集めをすることを本気でオススメします。

 

原一探偵事務所の公式サイトはコチラ

 

5635

実際にあった復讐事例

旦那の不倫や浮気に対する復讐事例をまとめています。実際にあった復讐の方法やそれまでの過程も書かれていますので参考にしてみてください。

 

いつもの日常から地獄に一気に叩き落す

 

 

結婚5年目の春、私は旦那に浮気されました。しかも深刻な浮気、不倫です。私はその時31歳で旦那は35歳です。相手は24歳の女、旦那の勤務先の後輩でした。

 

ある日から突然帰りが遅くなり、夕食もいらないという日が続きました。そして朝帰りをするようになり、さすがにおかしいと思った私は、探偵に浮気調査を頼んだんです。結果は黒でした。探偵さんが証拠写真を何枚も見せてくれました。抱き合った写真が何枚もあり、ホテルへ入って行った写真もありました。

 

どれも目を塞ぎたくなるような写真ばかりでしたが、私の中に怒りの感情がどんどん込み上げてきました。離婚を決意し、証拠写真を手に握り締めた私は、その足で知り合いの弁護士のところに行き、「取れるものを全て取って慰謝料請求したい」と訴えました。仕返しのために、あえてこのことは伏せておき、全ての準備が整った段階で問い詰め、追い込んでやろうと考えていました。

 

普通に怒って怒鳴って問い詰めるよりも、証拠や手続き準備をひそかに全て済ませ、向こうの心の準備が全然できていないタイミングにわざとぶちまける方がよほど冷酷で仕返しのし甲斐があると思っていました。弁護士や役所とも全て話を済ませ、いよいよその時が来ました。のんきに朝帰りしてきた旦那に、「よくも裏切ってくれたな。

 

もう離婚の手続きは済んである。あんたの不倫で私が受けた精神的苦痛、この慰謝料できっちり返してもらうからな」と伝え、向こうが予期していなかった現実を見せつけました。

 

既に荷物をまとめてあった私は、「全部証拠は撮ってある。逃げんなよ。せいぜい苦しめ」と捨て台詞を吐いて家を出て行きました。このタイミングに合わせ家の貯金は上手いように使っていましたので、向こうが自由に使えるお金がほとんど無いことも計算済みです。維持費が高いマンションでしたが旦那名義でしたので、どうなっても知りません。

 

私には実家という帰る場所があります。高額な慰謝料と月々の支払いで生き地獄を見ればいいと考えていました。向こうは何が何だか全く分からない様子で、状況整理に必死でした。ざまぁみろと思いました。向こうに反論や弁解の余地を一切与えず、突然いつもの日常から地獄に一気に叩き落す、これが私の仕返しでした。


 

 

親戚一同の前で公開処刑にしました。

 

元旦那に不倫をされた時は親戚一同の前で公開処刑にしました。それぐらいしないと私の受けた傷は癒せないと思ったからです。具体的な流れは次のようにしました。

 

まず、私が旦那の不倫に気づいたのは急に土日の出張が増えたことでした。それまで土日はだいたい家にいた旦那が夏頃から急に出張や休日出勤と言っては家をあけるようになったことがきっかけでした。

 

そしてある日旦那が携帯を眺めながら昼寝をしてしまったときに、同じ職場の女性と不倫していることが分かりました。

 

本当はその場で怒り狂ってたたき起こしたいと思ったのですが、証拠をつかむことが大切と思い気づかない振りをすることにしました。そしてそれからは出かける時にはいつもより笑顔で、「気をつけてね。」と送り出し、ちょくちょく携帯をチェックしてはその証拠となるメールや写真を自分の携帯に送り続けました。
私はその時まだ20代前半だったので、いくらでもやり直しがきくと思い、そのためには旦那と旦那の親戚一同にしらしめる必要があると思っていました。

 

そして夏に不倫に気づいてから5ヶ月、正月2日の親戚一同が集まる日に公開処刑をしました。いつも通りおみやげのカニや果物、お年玉をもって出かけ、親戚一同で新年の乾杯をしました。ひととおり食事がすすんで、こどもたちが隣の部屋で遊び始めたその時が公開処刑の始まりでした。

 

「実は私から重大な発表があります!」

 

というと、

 

「もしかして妊娠?うそ?すごい!」

 

などと歓喜の声が上がりました。

 

旦那も目をきょとんとさせていました。

 

そこで私が親戚一同に配ったものはそれまでの2人のやりとりのメールの文面、カラーのデート写真など10部でした。

 

あわてふためく旦那の顔がおかしくておかしくて、

 

「子供達にも配ってこようか!」

 

と提案しました。その後離婚の条件はすべて私の思い通りにすすんだので、心がすっきりしました。もちろんその冊子は旦那の会社にも不倫相手の自宅にもきちんと送っておきました。ほんとうにざまぁみろと思いました。


 

簡単に証拠を残したバカ夫

 

夫の浮気が発覚したのは、結婚して2年経った頃のことでした。急に仕事からの帰りが遅くなる日が増えた、スマホを手放さないなど、どう考えても黒だと思うことばかりで、浮気の証拠自体もあっさりと掴むことができ、この人はもしかしてバカなのかな?と思ったほどでした。

 

でもまだ愛情はありましたし、大好きで結婚した人です。急に嫌いになれと言われてもできるはずがなく、でも裏切られたショックで精神的にはボロボロになっていました。それでも夫には悔しくてそんな様子を見せられず、浮気発覚後もできるだけ普通に振る舞うようにしていました。取り乱せば夫が調子に乗ると思っていたんです。そのときは離婚するつもりはありませんでしたが、今考えればもう夫婦関係なんて破たんしていますよね。

 

離婚するつもりがないのなら、必要以上に浮気のことを蒸し返してはいけない。そうやって自分を抑え込んでいた私が本当の意味でブチ切れたのは、私が義実家へ夫の浮気について話に行っている間、仕事だと嘘をついて夫が浮気相手と会っていたことがわかった瞬間でした。

 

それが判明したのは、抜き打ちで夫にスマホを見せろと迫ったときです。なんだかまた挙動不審になっていたので、まさかと思いつつLINEを確認したら、アホみたいなラブラブメールの乱舞。いやー頭に血が上るってああいう状態なんですね。

 

その場ですぐさま自宅の2階へ行き、夫が命より大切にしているレアもののゲーム機とフィギュアコレクションを床にたたきつけて壊したあと、ベランダから投げ捨てました(下に人がいないかどうかは確認しました・笑)。ついでに、プレミアがついていて今手に入れるためにはうん十万かかるゲームソフトも一緒に落としてあげたので、夫は絶叫していましたね。

 

そんなに喜んでもらえるのなら早くやればよかったなあ〜。そしてその足で義実家へ行き、夫の部屋にある大事なゲームコレクションをさらに破壊して、そのまま義母に離婚届を渡してお暇し、自分の実家へ。

 

夫からは何度も携帯に着信がありましたが、それからは直接会話することは一度もないまま離婚が成立しました。夫のコレクション破壊に対する恨み言もメールで送信されていたような気もしますがよく分かりません。


 

証拠を掴めないと悲劇です・・・

 

 

もともと、夫婦仲が良かったわけではありません。年下の夫に頼りなさを感じて優しく接してこなかったことは確かです。

 

そして、埋まらない何かを埋めるように、買い物や旅行などお金を使いすぎてしまったこともまた事実ですが、だからと言って夫が不倫していいわけではないと思いました。

 

おとなしい夫がまさか不倫に走るとは思いませんでした。そのような自由になるお金は持っていないと思っていましたし。ですが、夫と相手の女はお金のかからない、プラトニックなつきあいをしていたのでしょうか。そうとは思えませんが、お金がかからない方法でつきあっていたのでしょう。

 

気がついた時、私は夫から「離婚したい」と調停を起こされていました

 

私が浪費をした、家事をしない、何年も前から夫婦関係が冷えているなど言われました

 

一緒にいても仕方ない、貰えるものはもらって離婚しようと思い、お金の要求をつきつけたのですが、そのようなお金は払えない、浪費したお金を返せと言われたのです。

 

愛情のない生活の空しさの代償として私は欲しい物は買い、行きたいところへは行き、足りないお金はカードでという生活をしていました。その点は確かに自分が悪かったと反省の言葉は出したのですが、夫は許してくれませんでした。

 

このままだと私が悪いという理由で離婚になり、なおかつ夫は再婚して幸せになる、そんなのは許せないと私は「絶対に離婚しない」という方針をとることで夫に反撃することにしたのです。

 

効果は抜群でした。

 

離婚裁判になるとしても、有責配偶者であるという証拠を私が出せばそう簡単には離婚もできないしお金もかかるでしょう。ですが、この方法、女としてのプライドはズタズタです。

 

女性として愛されていないとわかっていても、夫のお金がないと生活できないという主張をしなくてはいけないし、「どうして自立して働こうとしないの」と非難されることもあります。

 

ですが、夫だけが幸せになることを阻止できる方法はこれしかないと思ったのです。私のように相手に対し「愛」という感情がなくなった人はできることかもしれないです。

 

ですが、少しでも相手にまだ気持ちがある人はとてもじゃないけど辛くてできる方法ではないと思います。相手に相当恨まれますし嫌がられますからね。


 

旦那さん、不倫相手へ復讐を行うために、確固たる不貞の証拠を押さえる覚悟が出来た場合には、大手で安心の原一探偵事務所の無料相談を使ってみてください。

 

原一探偵事務所の公式サイトはコチラ

 

5635

 

更新履歴