浮気や不倫を許せないのに別れられない

不倫を許せないのに別れられない、踏ん切りがつかない場合には・・・

旦那さんに浮気をされ、絶対に許せない、報復をしてやる!と思っていたのに、踏ん切りがつかない場合

 

もしかしたら

 

・ものすごく好きだったのでショックが大きい
・出来ることなら別れたくない
・旦那に制裁を加えて反省させ戻ってきてほしい
・元の生活に本当は戻りたい

 

というのが本音かもしれません。

 

旦那さんの浮気が許せないと思っていた方々の多くは、こうした本音を心の奥底にお持ちでした。振り返って考えてみますと、未練が全くない状態の方の場合には、さっさと離婚するか高額の慰謝料を請求することだけたにフォーカスします。

 

そうでないのであれば、やはり心の奥底に未練があるということなのでしょう。

 

信じていた旦那さんの不倫は想像以上にショックを受けます。自分自身でも気持ちの整理がつかないという方がほとんどです。

 

旦那さんが心の奥底に未練のある方の最終的な決断パターン

それでは、旦那さんに心の奥底では未練のある方が最終的にどのような決断を取ったのでしょうか?私の探偵経験上から書いていきます。

 

当然ですが基本的に「やり直す」と「別れる」の2パターンです。

 

ただ厳しい現実にはなりますが、どちらを選んだとしても修羅場です。

 

@やり直す
旦那さんにはしかるべき制裁を受けてもらい反省してもらう。
不倫相手には社会的制裁・復讐としても慰謝料請求や念書も書かせる。
慰謝料もキチンと取り立てる。
全てキレイにし、旦那さんと元の生活に戻る。

 

A別れる場合
旦那さんの未練を断ち切るために、不倫の証拠写真を元に離婚を有利に進めていく。
慰謝料請求や養育費などの問題もあるため、権利を主張し獲得していく。

 

こういったことが必要になってきます。

 

別れる場合に制裁なしということも出来ますが、私の経験上ここは情に流されると100%後悔します。

 

正直なところ、どの道を進むにしても「いばらの道」になることは変わりません。

 

やり直す場合には不倫の確実な証拠を元に不倫相手と別れさせたり、慰謝料請求、念書など今後不安なく生活が出来る土台作りが必要です。
別れる場合でも不倫の確実な証拠を元に旦那さんと慰謝料や養育費等の権利を争わなければなりません。

 

どちらにしても証拠集めは必須項目ですので、探偵事務所へ証拠集めの相談・依頼をする必要があります。原一探偵事務所なら大手で安心ですし、料金も明瞭です。

 

原一探偵事務所の公式サイトはコチラ

 

5635

 

 

不倫の事実に目を背けて何もしない、したくない場合には・・・

また、多くの方が取りがちな「不倫の事実に目を背けて何もしない」という選択があります。この選択はは基本的に事態が好転することはありません。

 

不倫疑惑がある時点で、一度は何かしらの行動を起こさなければならないのです。

 

探偵時代には、行動を起こす勇気を持てないまま、嵐が過ぎるのを待つように不安な気持ちでただ毎日を過ごしていたというお話も聞きました。

 

そんな方とのお話の経験から、このような気持ちの時には無理に行動を起こすことを勧めても意味がないということが分かりました。

 

とは言え、本当に何もしないというのも良くないですので、例えば占いなどを判断の一つにするというのはどうでしょうか?

 

最近では、直接出向かなくても「電話占い」もあり非常に効率的です。料金も通常の占いに比べると安いですし、占い師の写真を見て選べます。何もしたくない気持ちの場合には良いと個人的には思います。

 

「リエル」は上場企業が運営する電話占いサイトなのでオススメです。いまなら3,000円分無料キャンペーン実施中ですので、一度どんな占い師がいるのかだけでも見てみることをオススメします。

 

⇒ リエルで占い師を見てみる